休暇に関する情報を上手に得る

上手な質問で情報収集

 仕事が忙しすぎて有給休暇すら消化することができないという人は少なくないはずです。中にはそのようなことが理由で転職を決意した人もおられることでしょう。そのため有給をきちんと使うことができるのかに重きを置いて転職先を探す人もいます。しかし面接時にいきなり「有給は消化できますか」と質問するなら仕事に対する意欲のない人という印象を与えてしまうことがあるために、ストレートな質問は避けたほうが無難かもしれません。

 代わりに「有給に関して会社から社員に対してのリクエストなどはあるのでしょうか」という質問をすることができるかもしれません。そうすれば仕事が忙しくなる時期に会社は社員に有給を使用してほしくないということが告げられるはずです。ここで折り返すようにして「自分は趣味や家族のために有給休暇を利用したいと思っているのですが、繁忙期以外でしたら有給休暇を使用することは可能でしょうか」といったような質問をすることができるかもしれません。

有給休暇以外の休暇に注目する

 就職が困難であるといわれている今の時代、自分の希望を100%通そうとするなら転職は難しいでしょう。そのため与えられた有給休暇をすべて消化することが可能な企業への転職を希望するなら、転職活動は難しくなることでしょう。

 それで企業が社員に与える有給休暇以外の休暇に注目することもできます。中には夏休みや冬休みが他の企業に比べると長い企業もあります。そのため年間の休日数に注目し、たとえ有給休暇が上手く消化できない可能性があったとしても休日の数が多い企業であるなら問題はないかもしれません。